Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
(有)季木里 INFORMATION
季木里もブログ村仲間
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 住まいブログへ

人気BLOGランキング
参加参加中です↓


「美」を楽しむ暮らし”の紹介記事として、 季木里が自然素材でリフォームさせて頂いたお部屋が紙面に掲載されました。
下の画像をCLICK↓


(有)季木里のHPです。
(↓画像をCLICK)


KIKIRI'S CONCEPT HOUSE
トムソーヤ達のおもしろウッドデッキ
SHORT MOVIE(↓画像をCLICK)

BLOGで緑化!
地球にやさしい検索サービス
あなたの検索が地球環境保護に貢献
詳しくは『gooの木』をCLICK
このパーツから
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2015.09.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
オリジナルのファブリックパネルをつくる。
2009.03.20 Friday 23:37
最近人気のあるファブリックパネル。

綺麗な生地を油絵のキャンパスのようなものに張り、立体的に、そしてフレームレス
に見せるインテリアコーディネートアイテムです。



これを自分の気に入った生地で、飾るスペースの大きさや選んだ生地のリピートに合
わせて自由な大きさで作ってみようと言うわけです。

今回は私がたまたまネットで見つけて素敵だな〜と思った植物をモチーフにした生地
を使うことに・・・



スウェーデンのブランドで“ JOBS-ヨブス ”と言います。

そのほかに同じくスウェーデンの“ BOLAS ”やフィンランドの“ MARIMEKKO ”が有
名ですね。

いろいろと探すときっと自分の気に入る物があると思いますので是非挑戦してみては
いかがでしょうか?

また、ネットでも生地は通販されているので、いろいろなサイトを見てみて、気に入
った物を探してみるのが良いと思います。

さて、生地の選定が終わりましたら、次はいよいよフレームの作製です。

それでは頑張って作ってみましょうね。

また近いうちに続きをご紹介します。

*** 本日も季木里のBLOGをご覧頂き、有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri



JUGEMテーマ:地域/ローカル



| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
コンセプトハウスのちょこっとリフォーム
2009.03.18 Wednesday 19:50
コンセプトハウスの壁の「お色直し」完成報告。



次男の 手助け? もあり、無事に仕上がりました。
天然の自然素材顔料で着色した壁は、ビビッドな鮮やかな色とは違い、落ち着きのある
暖かい色合いです。
(この写真よりも実際はもっと綺麗なグリーンなのですが・・・)

これも、自然の素材が発するゆる〜い波長のなす技なのでしょうか。

またいろいろな場面でこんなカラーリングもしてみようかと思います。

それから・・・
今回は少し淡い色を使ってみたのですが、他の素材でもう少しインパクトのある塗り替
えにも挑戦してみたいですね。

いろいろと素材を調べてみて、また良さそうなものがありましたらお伝えしますね。

*** 本日も季木里のBLOGをご覧頂き、有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri



JUGEMテーマ:地域/ローカル

| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
コンセプトハウスのちょこっとリフォーム
2009.03.15 Sunday 12:05
日曜日の朝。
今日は下地の準備が終わった壁に色を塗る日。

昨日の晩、4歳の次男は「明日は壁が緑色になる日だよぉ〜」
と言いながら眠りにつきました。



早起きをして窓を開けるととても良い天気。
やる気がグングン出てきます。

養生のシートを整え、塗料の調合を始めようとしたら・・・

トントン、タタタタッ。
例によっていつも早起きの次男が起きてきて勢い良くリビングのドアを開けて、
「おとうさ〜ん!いよいよ緑になる日だねぇ〜!!」と。

・・・ 『 そんなに楽しみだったんだね 』 ・・・

と思い、一緒に作業することに。
さて、では調色です。

〜「デュブロン」というリボスの水性塗料/2800ccに「ウラ」と言う顔料を
 添加します。
 今回は「緑」/200ccと「黄土色」/120ccを混合しました。
 調色は、よく撹拌しながら少しずつ混ぜていくのが上手くいくコツです。
 また、顔料の比率が大きすぎると仕上がってからのひび割れの原因にな
 ったりするので、材料の特性をよく調べてみてくださいね。
 今回の選定では、顔料の割合が3〜17%程度が良いらしいです。
 DIYの際にはメーカーの推奨値を参考にしてみてくださいね。〜

さ、次に塗装工程です。
(自然素材なので、小さな子供にも安心して触れさせれことができます。)

先ずは端っこの部分を下地のときと同様に刷毛で丁寧に塗ります。



次に大きな面をローラーで、こんな感じに。



「僕も僕も」・・・と私から道具を取り上げて半ば強引に作業する4歳児。

何とか綺麗に仕上がりましたよ。
後はもう少し乾いてきたら、養生を外して完成。



頑張ったね。
ハイ、「たいへんよくできました。」

*** 本日も季木里のBLOGをご覧頂き、有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri



JUGEMテーマ:地域/ローカル

| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
コンセプトハウスのちょこっとリフォーム
2009.03.13 Friday 23:38
早速材料が届きました。

先ずは壁の着色。
スイス漆喰で仕上げた壁のカラーチェンジからです。

もともとは、「スイスウォール」の材料で仕上げた壁なので、調湿性や消臭性、汚染物
質の吸着性など優れた性能を持っているのです。

この性能を生かしながら衣替えをしたいと思い、いろいろ調べた結果、「リボス」の水
性塗料《デュブロン》を同社の天然顔料《ウラ》で好みの色に調合し、塗装することに
しました。

染色に先立ち大事なのが下地の調整。
これをきちっとやるかやらないかで仕上がりや耐久性に大きな差が出ます。

塗料を十分に定着させたり下地の吸水調整をする為に、一般的にシーラーと呼ばれ
る材料を下塗りします。

こちらももちろんリボスの《グラバ》という植物から生まれた自然健康塗料です。

*******************************************************************************

さて、では実況です。



先ずは壁に付いている器具などを取り外し、周りを汚したり塗装範囲をきちっと塗り分
ける為に養生作業をします。



こんな感じで、ポリエチレンの薄いシートをテープでしっかり貼り付けて完了。
ここが、綺麗に塗装できるかどうかの分かれ道なんです。

丁寧に、ていねいに。。。

養生材はホームセンターなどにも大概売っていますので、売り場を探検してみてくださ
い。きっと見つかると思います。

あれっ?!壁に掛かっていたオリジナル時計を取り外したそばからイタズラしてる子がいます。



養生が終わったら、シーラーの塗装です。
端っこや細かいところは予め小さい刷毛で塗り込み、大きな面はローラーで塗ります。



さあ、下地の処理が終わりました。

今日はここまで。

24時間以上の乾燥養生が必要となります。

自然素材は材料自体に硬化剤など、乾燥を促進するものは含まれていないので、
物性的に安全な反面、化学的に合成された塗料と違って施工や養生に時間が掛か
掛かってしまう場合があるのです。


おやっ! さすが自然素材の壁ですね。
さっき塗ったばかりの壁が、触ってみても塗料が手に付きません。
これも優れた吸水性、調湿性の為でしょう。

ただ、しっかり乾燥させて綺麗に仕上げる為に無理は禁物。

ゆっくりと自然に任せて乾くのを待つことにしましょう。


*** 本日も季木里のBLOGをご覧頂き、有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri



JUGEMテーマ:地域/ローカル





| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
コンセプトハウスのちょこっとリフォーム
2009.03.10 Tuesday 00:26


美しいだけじゃない。「気持ちいい」がそこにはある。

そんなことをいつも胸に、遊び心のつまった家づくり。

という訳で、コンセプトハウスも誕生3年目を向かえ、そろそろもう一つ二つ楽しいこと
をしたいな・・・と考えております。

そんな中、昨日こんな作戦を立てました。

(匹鯊腓な黒板に変身させてみる。
▲好ぅ梗振瑤濃転紊欧進匹竜’修鬚修里泙泙法一部カラーチェンジしてみる。

黒板塗装や、壁のカラーリングにひとひねりしてみようという兆戦。
これも皆さんにいつかご提案してみようと思っていることなので、先ずは季木里のコン
セプトハウスで実験なのです。

調湿性や、汚染物質の吸着性、脱臭効果などの機能を損なわず、かつ当然健康被害
の無い自然素材で、さらにごみを極力出さずに目的を達成したいと思うのです。

大筋の作戦も考え、シナリオも出来ました!
材料は先ほど発注済みです。

早く来ないかな〜。素材が届いたら即実行です。

  なんでも直ぐに試したい、やってみたい性分なのです。
  子供の頃、初めてプラモデルを買ってもらったとき、家まで待ちきれず、
  帰りのバスの中でパーツを全てフレームから外してしまってパーツの番
  号が分からず、家に帰りばらばらになったパーツのカタチと説明書を見
  ながら、番号調べをすることになった過去があります・・・

  よく、かみさんに「直ぐにやっちゃいたい性格だよね」と笑われるんです
  ・・・(苦)・・・

その作戦実行の様子は、また後日お知らせします。

*** 本日も季木里のBLOGをご覧頂き、有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri



JUGEMテーマ:地域/ローカル

| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
勉強がはかどる「はず」の収納机を作ってみた
2009.02.22 Sunday 01:40
自分の部屋があるのにもかかわらず、
なかなか部屋で一人、勉強することが出来ない子供のために、
家内の家事室の隅に勉強机を作ってみました。

ものをおきっぱなしにしないようにと、たくさん収納スペースも作って大サービス。



建具の取っ手は子供のリクエストでまんまるい木のボール。
扉も、楽しくなるようにいろんな色で塗ってみました。

例によって、自然素材の塗料でね。

さてさて、完成はこんな感じです。



ちょっとコツを覚えると、建具や机なんかも結構簡単に作れてしまうんですよ。
是非皆さんも挑戦してみて下さい。

DIYに関するご質問も遠慮なくどうぞ。
いつでもお待ちしております。

*** 本日も季木里のBLOGにお越しくださり有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri



JUGEMテーマ:地域/ローカル


| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
自然木で作ったオリジナル時計
2009.02.08 Sunday 23:25
今日は部屋の時計をちょっと面白いものに変身させて見ました。
コンセプトは、「木目」と「木」そのものが持つ特有の「木肌の色」を生かす。



作り方はいたって簡単。

誰にでも簡単に作れますよ!

今回針の部分だけ、手作り時計のパーツを使って気軽に作製です。



自然素材の壁を生かすために文字盤は付けず、針の部分と文字のみを、いろいろな木
片で作ってみました。



「木」といっても本当にいろいろありまして、そんな中から自分の好みを選びます。
上の写真にいろいろなキューブが写っていますが、全て「木」そのものが持つ肌の色
そのものなんです。着色はしていません。

チーク(黄褐色)・黒檀(黒)・パドック(赤)・ブナ(淡褐色)・紫檀(紫)・・・
これが、それぞれの樹種が持つ固有の色です。
自然が作りだす不思議な美しさ・・・と思いませんか?



それを、針の中心と同心円弧上に30度づつ割り振って壁に取り付けて出来上がり。
こんな感じです。



とてもリーズナブルに、自分の気に入ったオリジナルが作れるなんて良いですよね。
ご興味のある方は、詳しくレクチャーいたしますのでご連絡を。

*** 本日も季木里のBLOGを尋ねて頂き有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri


| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
一枚板のカウンターを作ろう!
2008.10.14 Tuesday 23:28
先週末、ふと思い立ち、カウンターを一枚板のカッコイイのに作り変えようとDIY。

以前キープしておいたタモという木の耳付き(自然の風合いを活かし、あえて樹皮の部
分を残して仕上げた材料)の板を使って古くなったカウンターの交換をしてみました。

先ずは既存のカウンターの撤去から・・・

ココは以前自分で作った部分なので、手際良く取り外す・・・予定でしたが・・・
思いのほか難航。
こんなにしっかりくっつけたかなぁ〜???

悪戦苦闘の末、何とか取り外し完了。



既にこの段階で「今日はここで止めようかな〜」という雰囲気。
ふと横を見ると我が家の次男が一心に工作中。



コレに励まされ、作業再開。

長男も無理やり参戦させてカウンターを取り付けて行きます。
何だかすご〜く楽しくなってきましたよ!



重たいカウンターを加工していよいよ取り付け。

ほら。

いい具合に取り付きました。




仕上げは「荏油」というものを今回使ってみました。
「荏油」とは「エゴマ」が原料。そう、簡単に言うと「ごま油」みたいなもの。
当然100%天然植物油です。
木に刷り込むように塗ると、とても自然に風合いを損なわずに仕上がります。
せっかくの自然素材のカウンターですからね。

傷が付いたり、汚れたりしたら削りなおせば金太郎飴のようにいくらでもすばらしい
木の表情が蘇ります。

天然の素材はそれなりにマテリアルとしての価格は新建材に比べて高価ですが、何度
も再生できることから、結果的にリーズナブルで資源の節約に役立っているのだと私
は思ってます。

今回の一枚板も、「剥ぎ板」といって、いくつか無垢の板を特殊な工法で一枚につな
ぎ合わせた材料です。

大きな断面の一枚板を取ろうとすると、それなりに樹齢を重ねた木をありがたく使わ
せてもらうことになるのですが、この剥ぎ板は複数のある程度の幅の無垢の板で構成
されている為、端材や小さな材料からも作ることが出来るのです。

そういった意味でも資源の有効活用、保護に役立っていると言えるかもしれません。

ほら、一見一枚の継ぎ目の無い無垢の板に見えますよね。




さっ、これにて作業完了。

次は何を作ろうか・・・ワクワクします。

*** 本日も季木里のBLOGを尋ねて頂き有難うございます。 ***

只今人気BLOGランキング参加中です。
↓皆様応援よろしくお願い致します。CLICK




↓季木里へのお問い合わせ直行便です。




↓自然素材で家づくり(有)季木里のHPはこちらです

kikiri
| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
無垢板のテーブル
2007.08.19 Sunday 19:56
こんばんわ。今日は素朴な無垢の一枚板のテーブルのお話です。

無垢テーブル2

この写真は「タモ」という樹種のテーブルです。大きな木をスパッと切ったそのものの
枚板は希少価値が高く、とても高価
なものが多いのに対して、今回使用したのは「ハギ
板」といって幅10から20cm位の無垢板を横に特殊な接着方法でつないだ物
です。
板の両サイドにはこの下の写真のように「耳付き」といって樹皮の部分をわざとくっつけ
てあり、天然一枚板の風合いをより一層自然なものにしています。

無垢テーブル1

この「ハギ板」で作ったテーブルは本物の一枚板に対してコストも1/2位、樹種によって
はもっと安価に出来たりもする上、狂いが少ないので、後で反り返ったりし難いという利
点があります。

季木里ではこんなファニチャーのデザイン、製作も行っておりますので是非ご参考になさ
ってください。

そうそう、表面保護の塗装はもちろん自然素材から抽出したオイル、ワックスを使います
せっかくの素材もVOC(揮発性有機溶剤)を多量に含む塗料を使ったのでは台無しですし
子どもの手の触れるところや、食事をするようなところには特に気を配りたいですよね。
| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
ファブリックパネル
2007.08.02 Thursday 09:04
最近壁の装飾として、良く見かける「ファブリックパネル」というのがあります。
こんなモノです。右斜め下

ファブリックパネル

作りはいたって簡単。
木製の簡単なフレームに油絵のキャンバスのように布が張ってあるだけです。

最近は優れたデザインの生地がたくさんあり、メジャーなところでは北欧ファブ
リックブランドのマリメッコ(marimekko)、ボラス(boras)、Fanny Aronsen/
(sanden),国内ブランドadornoなどが良く製品として使われているようです。

絵を飾るのとはちょっと違い、フレームレスの立体的な絵が飾ってあるといった
感じで、生地の素材感などと相まってとても良いインテリアの演出が出来ます。

大きさや、デザインも既製品に気に入ったものが無ければ、自分の好みの大きさで
好みの生地をファブリックパネルに仕立てることも簡単に出来ます。

なにかインテリアのワンポイントにとお考えの方、どうでしょうか?

お試しあれ。ラブ
| kikiri | インテリア | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→